虫眼鏡
MENU

ソニー生命の評判|マネーのプロが特徴や強み、各種商品をわかりやすく解説

@nextマガジン編集部

@nextマガジン編集部

ソニー生命の評判|マネーのプロが特徴や強み、各種商品をわかりやすく解説

目次

「ソニー生命の保険を検討しているけれど、オーダーメイド保険って高そう」といった不安を持つ人もいるのではないでしょうか。
ソニー生命は「ライフプランナー」という保険・金融のプロがお客さまの人生設計をしながら保険の提案をする手法が特徴です。
この記事では、ソニー生命のサービスや保険商品の特色を、生命保険に精通したFP(ファイナンシャルプランナー)が解説します。
【2024年最新】保険相談おすすめ4選!人気の保険代理店はどこ?生命保険に悩んでいる方必見 | @nextマガジン | @next(アットネクスト)

【2024年最新】保険相談おすすめ4選!人気の保険代理店はどこ?生命保険に悩んでいる方必見 | @nextマガジン | @next(アットネクスト)

ソニー生命の評判|ファイナンシャルプランナーが特徴や強みを解説

ソニー生命は他の生命保険会社とどのような点が違うのでしょうか。最初に、ソニー生命の特徴や強み・注意点を解説します。    

「オーダーメイド保険」による手厚いサービス

ソニー生命の「オーダーメイド保険」は、ライフプランナーによる、お客さま一人ひとりのライフプランにあわせて設計された保険のことです。
ライフプランナーとは、豊富な営業経験と高度な専門知識を持つ保険のプロフェッショナルです。ソニー生命が保険の営業パーソンをライフプランナーと呼ぶのは、保険商品を通じてお客さまのライフプランをサポートしていくからです。

オーダーメイド保険では、顧客一人ひとりのライフプランに寄り添い、希望に合う保障を設計していきます。ライフプランナーが顧客のニーズを丁寧にヒアリングし、ライフプランニング分析システム「GLiP」を活用して、100歳までのライフプランを作成します。リアルなデータを用いて将来をシミュレーションし、必要な保障が明らかになります。

万一のときや三大疾病への備え、資産が底をつくリスクへの対策など、さまざまな観点からの問題点の分析も可能です。死亡保険、医療保険、介護保険など幅広い商品を組み合わせ、顧客に最適な保障プランを設計します。

契約後も、定期的なコンサルティングを通じてライフプランや保障内容の見直しを行うので安心です。
ソニー生命の
「オーダーメイド保険」
詳しくはこちら

MDRT会員数が日本トップクラス

ソニー生命は、世界的に権威のある生命保険・金融サービスのプロフェッショナル組織であるMillion Dollar Round Table(MDRT)の会員数において、日本のトップクラスに位置しています。

MDRTは専門知識、倫理的行動、優れた顧客サービスを提供する生命保険・金融サービスのプロフェッショナルによって構成されており、世界的に最高水準の組織です。毎年厳しい入会基準を満たした人だけに会員の資格が与えられ、2024年4月22日現在、8,901名が日本会に加入しています。
MDRT会員の中でソニー生命のライフプランナーは、1,634名となっています(2024年4月22日現在)。実にMDRT会員の約18%が、ソニー生命のライフプランナーというわけです。

※出典:一般社団法人 MDRT日本会「一般社団法人 MDRT日本会会員数(2024年4月22日現在)」より

これは、顧客に質の高いコンサルティングとサービスを提供できる優秀な人材がそろっていることの証明といえます。

このような優秀なライフプランナーに長期にわたってアドバイスを受けられる点は、ソニー生命を選ぶ特徴の1つといえます。

人生の伴走者としてのフォローアップ体制

ソニー生命のライフプランナーは顧客との関係を保険の契約で終えるのではありません。顧客の人生に寄り添う「伴走者」として、一生涯の継続的なコンサルティングフォローを提供します。

ライフプランナーは、定期的なコミュニケーションを通じて顧客や家族の状況変化を確認し、保障内容の見直しや最適化を提案します。また、アドバイスできるのは保険だけにかぎりません。住宅購入資金の準備や教育費用の相談、シニアライフについてなど、幅広い分野で顧客のライフプラン実現に寄り添います。

もちろん、万が一の際には保険金・給付金の迅速な支払いをサポートするので、安心です。

これらのフォローアップ活動は顧客ごとの「カルテ」に記録され、質の高いコンサルティングに活用されています。

知名度だけでない、健全な財務基盤&業績推移

ソニー生命はソニーグループの一員として知名度が高いだけではありません。その実力は財務の健全性と着実な業績の伸びに裏打ちされています。

2022年度の決算では、保有契約高が61兆円を超え、前年比6.0%の増加を示しました。新契約高も8兆3,835億円と前年比26.0%の大幅な増加となっています。

健全性の指標であるソルベンシー・マージン比率は2,046.1%です。ソルベンシー・マージン比率は通常200%(金融庁「ソルベンシー・マージン比率の概要について」より)を健全性の基準としており、数値が高いほど支払い余力があるとみなされます。つまり、ソニー生命は圧倒的な支払い余力を維持しているといえるわけです。

総資産も15兆2,317億円(※1)まで拡大するなど、強固な財務基盤を築いています。

好業績と強い財務を誇るソニー生命は、大切なお金を託すのにふさわしい保険会社といえるでしょう。

※1ソニー生命公式サイト「決算ハイライト」2022年度分

顧客満足度調査|第三者機関による高い評価

ソニー生命は、顧客満足度において第三者機関の調査でも高評価を得ています。

顧客の声を集めた調査で高い評価を得られるのは、ソニー生命が顧客の要望に真摯に耳を傾け、質の高いサービスを提供し続けているからです。専門知識を持つライフプランナーによる丁寧なコンサルティングや、顧客のニーズに合った商品開発、スピーディな保全手続きなど、多方面で顧客満足の向上に努めています。

これらの結果はソニー生命が顧客満足を重視し、常に顧客目線に立ったサービスを提供している証明といえるでしょう。

ソニー生命の代表的な商品を紹介

ソニー生命は優秀なライフプランナーだけでなく、顧客ニーズを満たせる幅広い商品がそろっています。ソニー生命の代表的な商品を紹介します。

変額個人年金「SOVANI」

「SOVANI」は運用の成果に応じて、年金額が増減する変額個人年金保険です。変額個人年金保険は年金保険に投資信託を組み込んで運用するタイプの商品で、運用実績に応じて将来受け取る年金が決まります。

変額年金保険は運用次第で資産を大きく増やせる点は魅力です。ただし、他の保険商品と異なり、元本割れの可能性もある点を知っておきましょう。

SOVANIはソニー生命が厳選した16種類の特別勘定(投資信託)から、契約者が最大8種類を選んで運用する仕組みです。SOVANIには、以下のような特徴があります。
  • 平準払い(月払いなど)と一時払いの2つの払込方法から選べる
  • 平準払の場合、月額3,000円から始められ、告知や医師の診査なしで申し込める
  • オートリバランス機能により、リスクを想定の範囲内に抑えられる
変額年金保険の運用を自分で決めるのは不安な人もいるでしょう。SOVANIではソニー生命のライフプランナーが、無料で徹底的にサポートします。
人生100年時代の資産形成
「SOVANI」
詳しくはこちら

【運用リスクについて】はこちら

【諸費用について】はこちら

ご注意事項

変額保険「バリアブルライフ」

ソニー生命の変額保険「バリアブルライフ」は、運用実績に応じて死亡・高度障害保険金額や解約返戻金額が増減する変額保険です。SOVANIは死亡保険金のない個人年金であるのに対し、バリアブルライフは被保険者の死亡時には受取人が死亡保険金を受け取る運用と保障を兼ね備えた商品です。

バリアブルライフには以下のような特徴があります。
  • 終身型(一生涯にわたって保障が継続)と有期型(満期時に運用実績に応じた満期保険金が受け取れる)の2種類を用意
  • 運用実績に関わらず死亡時の基本保険金額の支払いは保証されている
  • 多彩な特約を付加できる(平準定期保険特約、家族収入特約、がん特約など)
  • 8つの特別勘定から、運用方針に合わせて1つ以上を選択して運用する
バリアブルライフは運用で資産を増やしながら、万が一のときには家族に死亡保険金を残せます。お金を運用で増やして、いざというときの保障も確保したい人に適した保険といえるでしょう。ただし、運用次第で解約返戻金や死亡保険金が増減する点に注意が必要です。
基本保険金額の支払い保証
「バリアブルライフ」
詳しくはこちら

【ご契約に際して】はこちら

変額保険をご検討の方へ

ご注意

医療保険「(新)メディフィット」

ソニー生命では2023年1月より、メディケア生命の医療保険「新メディフィットA」を取り扱っています。「新メディフィットA」は、手頃な保険料で病気やケガによる入院・手術に備える医療終身保険です。

「新メディフィットA」には、以下のような特徴があります。
  • 保険期間が終身で、保険料は一生涯変わらない
  • 基本の保障(主契約)は、入院給付日額や給付限度の型などを自由にカスタマイズ可能
  • 10以上のオプション(特約)を組み合わせて、先進医療、通院、がんなどに幅広く対応
手頃な保険料で安心保障
「新メディフィットA」
詳しくはこちら

【ご契約に際して】はこちら

学資保険

ソニー生命の学資保険は、高い貯蓄性で人気があります。学資保険は契約者(保護者)が死亡や高度障害状態になると以降の保険料払込は免除され、学資金は100%受け取れる点が特徴です。

一般的な学資保険には子どもの入院保障のようなオプションがあり、そのために将来受け取る学資金が払い込んだ保険料を下回るケースもあります。ソニー生命は貯蓄性重視のため入院保障のような特約はなく、払い込んだ保険料より多くの学資金を受け取れます。

また、必要な学資金額、受取タイミング、保険料の払込方法が自由に設定可能です。中学入学から大学卒業までを一括で準備できる長期プランや、大学進学時の一時金重視のプランなど、ライフプランナーとの相談で無理なく設計できます。
選ばれ続けて151万件突破
「学資保険」
詳しくはこちら

108.7%の返戻率となるための条件は、必ずこちらからご確認ください。

【返戻率について】はこちら

注意事項

学資保険(無配当)について

外貨建保険(米ドル)

外貨建保険とは保険料が外貨建て(米ドル)で運用され、保険金や解約返戻金は米ドルでも円でも受け取れる保険です。

日本円より高金利の米ドルの外貨建保険では、効率的に資産を増やせる可能性があります。一方で、為替相場による保険料や保険金・解約返戻金の変動リスクがあります。ご注意ください。

ソニー生命では、以下のようにさまざまな外貨建保険を取り扱っています。
1.米ドル建終身保険
死亡・高度障害状態に対する保障が一生涯継続します。保険料は円で支払い、保険金・解約返戻金は米ドルか円で受け取れます。

2.米ドル建一時払終身保険
告知や診査なしで申し込める、一時払いの終身保険です。

3.米ドル建養老保険
一定期間、死亡・高度障害状態の保障を備え、満期時には満期保険金を受け取れます。

4.リビング・ベネフィット20(米ドル建生活保障・終身型)
死亡保障に加え、三大疾病や所定の障害・要介護状態など就業不能になり得るリスクに対する一生涯の保障を準備できます。
米ドル建てでリスク分散
「外貨建保険」
詳しくはこちら

【外貨建保険に関する注釈】はこちら

外貨建保険契約に関する重要な事項について

ライフプラン分析システム「GLiP」

保険商品ではありませんが、ライフプラン分析システム「GLiP」はソニー生命の保険商品やサービスに付加価値をプラスする魅力的なツールです。

「GLiP」では、リアルデータを活用して100歳までの高精度なライフプランを立案できます。ゴールの実現に向けた経済的な準備状況を「充足率」という指標で視覚化し、家計改善のポイントを明確にする点が大きな特徴です。

また、保険の加入状況もグラフでわかりやすく表示されます。加入者は専用アプリでライフプランの進捗を常に確認でき、ライフプランナーが適切なアドバイスを行います。

変額個人年金保険「SOVANI」もこのシステムと連動し、段階的な資産形成をシミュレーションが可能です。「GLiP」は、デジタルとアナログを融合したトータルライフプランニングを実現します。
ライフプラン分析システム
「GLiP(グリップ)」
詳しくはこちら

【GLiPに関するご注意】はこちら

疑問に答える|ソニー生命を検討する人のQ&A

ソニー生命へのライフプランや保険の相談を検討中の人の、よくある疑問に回答します。

Q.自分は保険を検討し始めたばかり。気軽に相談して良いか迷っている

A.保険について検討し始めて保険会社とコンタクトを取ると、「しつこくされる」「加入しなければいけないような気がする」と不安になる人も多いでしょう。

ソニー生命のライフプランナーの場合、相談したからといって保険契約を無理強いすることはありません。「入るかどうかはわからないけれど」とのスタンスで気軽に相談できます。

Q.「オーダーメイド保険」と聞くと費用や手間が掛かりそうだけど・・・?

A.一人ひとりに合わせた「オーダーメイド保険」を設計してもらうにはお金や時間がかかるのではないかと思う人もいるかもしれません。

ソニー生命では、「GLiP」でのライフプラン分析などもすべて無料で提供しています。時間のない人は、可能なかぎり短い時間で対応できるように調整します。

Q.契約者専用のアプリケーションはどのようなことが可能?

A.契約者専用のソニー生命アプリを登録すると、以下のことができます。
  1. 契約内容の確認・保険金の請求など
  2. ライフプランデータの確認
  3. オンライン医療相談サービスの利用
  4. マネーや健康などの多彩なコンテンツの利用

Q.その他、ソニーグループでの連携したサービスはある?

A.ソニー生命はソニーフィナンシャルグループの一員として、ソニー損保やソニー銀行との連携を強化しています。ソニー生命のライフプランナーはソニー損保の自動車保険と火災保険、ソニー銀行の住宅ローン・口座開設・外貨預金に関する業務を取り扱います。

終わりに|必要に応じて保険を選ぼう

ソニー生命が提供するのは保険商品だけではありません。長期間にわたり安心して相談できるライフプランナーと最新のライフプランシステム「GLiP」の組み合わせで、顧客の生涯設計をサポートします。その上で、必要な保障を設計し、提案します。

自分にとって本当に必要な保険は何かを知り、選択したい人におすすめできる保険会社です。

まずは家計やライフプランについて気軽に相談してはいかがでしょうか。
ソニー生命の
無料相談はこちら
@nextマガジン編集部

@nextマガジン編集部

@nextマガジン編集部

お金に関する基本的な知識から貯金のコツ、資産形成まで幅広く伝えるメディア「@nextマガジン」の運営を行っています。ここにくれば、お金の悩みが解決できる「お金の広辞苑」を目指して日々記事を公開中です。本当にタメになる情報だけを厳選してお届けします。

免責事項

本サービスの目的は、融資金融商品等に関する適切な情報の提供と、選択の機会の提供であり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
本サービスにて提供される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者自身で各金融機関のサービス内容をご確認ください。
本サービスで提供している情報に基づいて被ったいかなる損害についても、運営者及び情報提供者は一切の責任を負いません。
本サービスの情報の利用並びにその情報に基づく判断においては、上記の特性および免責事項を十分理解した上で、また、現実的な利用においては、しかるべき資格を有する専門家等に個別に相談するなど、ユーザーの皆様の責任において細心の注意を払って行ってください。

この記事をシェア

シェアする

  • facebook
  • x
  • line